不眠を解消するには、その要因を知ることが必要です。
精神的心理的要因という不眠は、1番多いものであり、生活上の不安や急激なストレス、精神的なショックなどで、一時的に陥ってすぐ解消するタイプです。

スポンサードリンク

不眠の精神的医学的要因

精神的医学的要因という不眠は、心療内科や精神科で確認される、精神疾患全般の不眠です。

神経症、うつ状態、総合失調症、うつ病などを、精神疾患と呼んでいます。

身体的要因とは、内科的治療で解消されるタイプの不眠です。

不整脈、心不全、狭心症などの発作、肺疾患、気管支ぜんそくなどの呼吸困難や、アトピー性皮膚炎のかゆみ、他の疾患での発熱や痛みなどが原因で、不眠に陥ります。

夜間ミオクローヌスと呼ばれる骨格筋の付随収縮(てんかん)が、深夜に起きて不眠の原因になるケースもありますが、とても珍しい例です。

アルコール依存や薬物使用が要因で解消されない不眠もあります。

薬を服用しないと睡眠がとれなかったり、アルコールの力を借りなければ眠りにつけないなど、依存性の強いタイプで、眠れたとしても短時間で起きて、浅い眠りです。

接種しなければ不眠に陥るという悪循環の元になるケースで、甲状腺剤、ステロイド、降圧剤、タバコなどが要因となる場合もあります。

生理的要因は、睡眠時の環境が、騒音や気温などの引っ越しによる生活環境の変化によるタイプもあります。

不眠の原因を正確にとらえ、その患者さんにとるべき治療方法を探る作業が、とても重要になってきます。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

不眠解消治療方法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://u.s212.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。